News

シナスタジアラボとのコラボレーション最新作『Synesthesia X1-2.44 <波象/Hazo> 』を、Media Ambition Tokyo 2021(東京・六本木ヒルズ)にて展示

2021.04.26

サウンドアーティストevala (See by Your Ears)とシナスタジアラボによる『Synesthesia X1-2.44』の新作 <波象/Hazo>を、六本木ヒルズで開催されるMedia Ambition Tokyo(MAT)2021 に展示します。evalaは音と振動の作曲を行いました。
(※MAT2021は、緊急事態宣言発出を受け開催延期し、5月12日より公開予定)

 photo: Akira Arai (Nacása & Partners Inc.)

『Synesthesia X1-2.44』は、2つのスピーカーと44 個の振動子で構成される共感覚体験装置。
”シナスタジアラボ feat. evala (See by Your Ears)”として、MAT 2019にて初めて作品として発表しました。装置に身を委ねると「音」「振動」「光」に全身が包まれ、次第に知覚が融け合い、共感覚を体験できます。

これは、真っ暗闇の小さな無響室のなかで一人ずつ体験するevalaの代表作『Anechoic Sphere』からつながる作品であり、本作『波象/Hazo』では、鏡面の異空間の中にX1を配置し、禅や瞑想をモチーフに、体験者それぞれの内側から生まるものを丁寧に引き出すことを目指しています。

さらにMAT2021では、ビジュアルプログラムも投影され、展示空間全体に”波象”が漂います。聴覚、触覚、視覚の組み合わせによる、新たな共感覚作品を、ぜひご体験ください。

<CREDIT>
Creative Direction: 水口 哲也 (Enhance)
Audio & Haptic Compose: evala (See by Your Ears)
Product Design: 清水 啓太郎 (Flowplateaux)
Produce: 佐藤 文彦 (Flowplateaux)
Technical Management & Haptic Environment Design: 花光 宣尚 (Enhance)
3D Haptic Design Software & Experience System Development: 磯部 宏太 (Enhance)
Lighting Design & System Development: 田井 秀昭, 元木 龍也 (Rhizomatiks)
Visual Programming & System Development: 2bit (石井通人プログラム事務所), 浪川洪作
Technical Support: 西本 桃子, 毛利 恭平 (Rhizomatiks), 神山 洋一 (Cidre Interaction Design)
Audio Engineering Support: 久保 二朗(See by Your Ears)
Audio Production Management: 長村 圭乃 (See by Your Ears)
Product Structure Design: 吉原 慎助 (Demold)
Product Advisory: 佐藤 栄作 (Demold)
Product Support: 辰巳 正彰, 清瀬 光広 (FIELD CLUB), 清水 隆行 (Demold), 八代 直紀
Space Design & Construction: 博展
Special Thanks: 齋藤精一 (Panoramatiks)

■Media Ambition Tokyo 2021 概要
【会場】東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)[六本木]and more…
【会期】2021年 5⽉12⽇(水)~ 5⽉23⽇(日)
 ※「緊急事態宣言」発出を受け、新型コロナウィルスの感染予防および拡散防⽌のため、開催延期となりました。
 ※状況により、開催期間を変更する場合があります。あらかじめご了承ください
 ※最新情報はウェブサイトをご確認ください
【ウェブサイト】https://mediaambitiontokyo.jp/