News

十和田市現代美術館 「インター+プレイ」展 evala新作『Anechoic Sphere – Haze』発表

2020.07.27

人間と他種が呼応し、共生する方法とは、見えない知覚に感覚を委ねること――

十和田市現代美術館 「インター+プレイ」展にて、evala最新作『Haze』が公開スタート

「靄(もや)」につつまれたような薄闇のなか、聴くものひとりひとりの内面に異なるイマジネーションをつくりだす。
さまざまな気配に耳を澄ます15分間。

独自の作曲手法で先鋭的な作品を発表し続けるサウンドアーティストevala。
全3期にわたって十和田市現代美術館で開催される、Arts Towada 十周年記念「インター+プレイ」展
第1期【 2020年7月23日(木・祝)- 2021年8月29日(日)】にて、
代表作シリーズ『Anechoic Sphere』の最新作となる『Haze』が公開となりました。

十和田市現代美術館 「インター+プレイ」展 - evala「Haze」image
Photo by Ichiro Mishima

この企画展は、十和田市現代美術館にて本来4月から公開される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大予防のための延期を経て、いよいよ第1期が開催されます。作品のタイトルである『Haze』は、「靄(もや)」を意味します。曖昧で朦朧とした先の見えない状態から、パンデミックを想起させつつも、evalaはこれを何かが終わり、新しい何かが始まるポジティブな予感を与える言葉と捉え、作品名としました。
本作には、evalaが世界中から集めてきた音に加え、十和田湖畔周辺の音も作曲に使用し、当地の気配を取り入れています。それらの音は、9年ぶりに更新した自身の音日記『hacking tone』でも会期中に公開予定です。また、Anechoic Sphereシリーズでは初の光を使用した空間設計により、湖の水面や靄のイメージと音が重なり、展覧会のテーマ「インタープレイ(相互作用)」の場として、内と外の境が交錯するような時空間が広がります。
約15分間の体験を通して音が体の中に豊かなイマジネーションを喚び起こし、鑑賞者それぞれの内側に無数の物語を生み出します。

作品について evalaのコメント

“この数ヶ月、ぼくの生活には大きな変化があった。それが新しい日常になりつつある。人間と他種が呼応し、共生するには、まず目に見えない知覚に感覚を委ねることだ。靄につつまれた十和田は、あらためてそれを教えてくれた。見えないは、わからないではない。身体の知覚を研ぎ澄ませるとき、一人ひとりが異なるイマジネーションをつくりだす。それを丁寧に引き出すこと。
『Anechoic Sphere – Haze』はそんな作品になりました。 ”
― evala

Anechoic Sphereシリーズについて

evalaによる「耳で視る」をコンセプトとしたプロジェクト、「See by Your Ears」の代表作のひとつ。世界中のいろいろな場所でさまざまな音を録り集め、立体音響技術による独自の作曲方法によって、ひとつの幻想世界を作り出す。代表作に、暗転した無響室の中、音によって体を弄られるような感覚を体感する「Our Muse」、香川県丸亀市の日本庭園・中津万象園にて現存する日本最古の煎茶室を舞台に発表した「Reflection/Inflection」など。

Anechoic Sphere PROJECT

Arts Towada 十周年記念 「インター + プレイ」展 第1期情報

新しい創造を生みだし、インスピレーションの源泉となってきたArts Towadaの中核、十和田市現代美術館は、アートを通じて人と人、人とまちが出会う、インタープレイ(相互作用)の現場であり続けてきました。本展は、その精神を体現するものです。3期を通じて、身近なものをモチーフに私たちの五感を刺激する作品をつくる鈴木康広が、ベンチにもなる大型の野外彫刻を設置。引力をもち、そのパワーが外側へと広がっていく十和田の姿を表現しています。また、近年芸術祭や大規模個展で注目を集めている目[mé]は、まちなかの建物に真っ白なギャラリー空間を唐突に出現させます。
美術館内では、鏡とビデオカメラとプロジェクターを使い、見る人の感覚を撹乱する津田道子のインスタレーション、音に身をゆだね溶け込んでいく感覚をもたらすevalaの作品、十和田での滞在調査を踏まえ〈赤〉をテーマに制作される松原慈の新作を展示します。また、会期中には問題行動トリオが美術館の展示室で、音楽とダンスの公演を行います。

■全期・・・鈴木 康広[十和田市現代美術館 前庭に展示]、目[mé][十和田市まちなかに展示]
■第1期出展作家・・・津田 道子、evala、松原 慈
■パフォーマンス・・・問題行動トリオ(野村 誠+佐久間 新+砂連尾 理)[会期ごとに1回ずつ開催予定]

会期:2020年7月23日(木) – 2021年8月29日(日)
開館時間:9:00 − 17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日、ただし8月3日(月)、10日(月)、11月2日(月)は臨時開館。12月以降の臨時開館、休館については美術館webにてお知らせいたします。)
主催:十和田市現代美術館
ファブリック協賛:クリエーション バウマン ジャパン
協力:青森公立大学国際芸術センター青森
後援:東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、十和田市教育委員会
入場料:観覧料 企画展+常設展セット券1200円。
企画展の個別料金は一般800円。団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。

*「Haze」は、新型コロナウイルス感染予防対策のため、毎日開館と同時に整理券を配布し、各回上映(約15分)につき定員5名で観賞いただきます。詳細については、美術館にてご確認ください。

URL:http://towadaartcenter.com/exhibitions/artstowada10th-interplay-001/